車の動作に重要なタイヤのあれこれ

葉01路面と唯一、面しているのがタイヤであり、言うまでもなく非常に重要な存在です。
そして走行性能を左右するポイントがいくつかあるのですが、まず溝が挙げられます。ゴムに溝が存在する事によってグリップを得ていますので、溝が無い状態で走ってしまうのはとても危険です。しかしながら素材であるゴムは摩耗していきますので、次第に溝が無くなっていきます。当然の事ながら溝が無くなる前に交換する必要がありますので、ある程度利用したら買い換えを行った方が良いでしょう。
溝は排水の役割もしています。雨の日に走行する際、溝が無い状態ですと上手く排水をする事ができず、それによって水の上を走るハイドロプレーニング現象が発生する恐れがあります。ハンドルもアクセルもブレーキも効かない状態になりますので非常に危険ですし、このような事態を発生させない為にも溝が重要な存在です。
ゴムの適度な弾力も重要なポイントです。ゴム素材は弾力がありますが、いつまでも弾力がある訳ではありません。製造から年数が経過したり、紫外線を浴びる事によって硬化が進み、弾力の無い状態になります。弾力が無いとグリップ性能も落ちてしまいますし、乗り心地の悪化も招いてしまうのです。